コア技術

Our Mission顧客満足獲得の追求

私たちは、経営理念(「目的は顧客の満足」)に基づき、
顧客満足獲得を追求するために「5つの顧客満足」を定め、
その実現のため、コアとなる技術とノウハウを研き、積み上げ、
そして、適用領域を広げていきます。

イラスト:5つの顧客満足

Overview「コア技術」展開の全体像

「コア技術」の展開と4つの深化の方向性

(0) 配管技術のさらなる深化
(1) クリーン・安全施工管理技術
(2) 最先端施工技術
(3) 装置開発・製造・設計

コア技術の展開図

Our Speciality「コア技術」のご紹介

1配管技術

●接合技術

写真

PVCやPPといった樹脂配管工事をはじめ、金属配管に至るまで、配管に関する豊富な知識と経験が、業種を越えて活かされています。配管素材も常に最先端を取り入れ、お客様の幅広いニーズにお応えいたします。
配管接合の技術はユーザーの要望に答え、メーカーが常に新しい施工要領の開発を続けています。その都度新しい接合機械が作られ誰でも操作できるようにマニュアル化されますが、機械が自動化されればされるほど接合箇所の良否の判定が重要となり、作業者の経験と実績が問われます。当社の強味は作業者の豊富な経験と、メーカーの開発者から意見を求められる実績にあります。


クリーン(低溶出)・耐食を使命とする配管材質・施工方法に豊富な実績を持ち、顧客からの厚い信頼を受けております。
樹脂はほとんどすべての材質・施工方法で実績を持っておりますが、ステンレスチューブ、パイプ等を中心に金属管の実績も多数です。
PFA、PVDF、PVC溶着機およびSUSチューブ自動溶接機を持ち、施工実績も豊富です。

また、クリーンルームでの施工や高所・火気厳禁プラントでの施工も豊富な実績を持っておりますので、お気軽にご相談・お問い合せください。

写真

2クリーン・安全施工

●クリーン施工の流れ

エアーシャワー
エアーシャワー

半導体、製薬工場においては管の内も外もクリーンである事が絶対条件。そこでお役に立てるのが当社の施工技術。溶出の少ない素材・接続方法(各種溶着)はもちろんクリーンルームでの豊富な施工実績はエンドユーザーより高い評価をいただいております。
クリーン施工で重要なのは配管内部がどれだけクリーンに施工できて、装置の立ち上げの障害にならないように出来るかです。
クリーンルーム入口で無塵服に着替えてエアーシャワーを通って出入りいたします。

クリーンブース
クリーンルーム

工場設備としては、クリーンルーム、クリーンブース、超純水装置などを備え、施工マニュアル、管理基準に基づき施工しております。
クリーンルームの仕様は9,000×11,000cm、class10,000以下を維持しております。

クリーンルーム
超純水装置

300L/時間の超純水製造装置にて比抵抗18MΩ・cm以上 の超純水をバッファータンクに貯留し、ポンプにてクリーンルーム内の純水配管内を循環させております。

3ユニット化・プレハブ化

●ユニット化・プレハブ化を支えるノウハウ

ユニット化・プレハブ化のメリット
  • 品質安定性
  • 安全性向上
  • 業務(設計・発注)の軽減
  • 管理プロセスの効率化
  • 納期短縮
写真

スラリー希釈供給装置

写真

薬液供給装置


4電気計装

●装置制御を担う電気計装技術の強化

装置の機械部分は人間でいう体、立派な体を動かす脳の部分が電気計装。シーケンサー、タッチパネルを駆使した制御盤の設計・製作はもちろんのこと、パソコンをつかった監視システムなどの設計・製作もお任せ下さい。

写真

SEMI規格 制御盤


お電話の場合はこちら

TEL:086-425-1131